ドラマチック代表 今村ひろゆきさん|ユルツナ大学

ユルツナ大学のタイトルバー

ima_03.jpg

Q:現在手掛けているプロジェクト「MaGaRi(間借り)」「LwP asakusa」「浅草ジャンクション」について教えていただけますか?

MaGaRi(間借り)」は街のユニークなスキマ空間を間借りできる情報を発信するメディアです。今までオフィスや店舗、ビル、商店街などの流通は主に不動産業が担ってきたわけですが、それを仔細に見渡すと利用されていないスペースや時間が結構あると思ったんです。でもそこは利用されていないのにも関わらず、家賃や光熱費、メンテナンス等様々なコストが発生していて、とってももったいないと思うんですね。また、世の中には自分の店を持ちたい、オフィスが欲しい、イベントをやりたいなど、場所を必要としている会社や個人が多くいます。しかし、都心で拠点を持つ事は、家賃が高く、工事や備品等の初期投資も必要になり、なかなか踏み出せないのが現状です。

ima_10.jpg三浦展さんの著書「これからの日本のために「シェア」の話をしよう」の表紙を飾るのは、なんと「LwP asakusa」の1階カフェ! 本文中にも今村さんの活動が紹介されています。浅草に行った時には是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか! こうした空間や時間を人と繋げていくのが「MaGaRi(間借り)」サービスです。間借りする側にとっては、既にその空間にインフラは整っているわけだから、すぐに使える。イニシャルコストが掛からずにいろんなことにチャレンジ出来るわけです。また通常の不動産の空室とは違って、もともとそこを使っていらっしゃる方がいる。その方と新しく間借りする人との出会いが生まれるわけです。それはいずれ新しいネットワークや仕事にもつながっていきます。こうしたスキマ空間の再価値化は街の活性化にもつながっていくと思っています。

LwP asakusa(るーぷあさくさ)」(台東区花川戸)は、築54年の元サンダル屋を仲間50人でリノベーションした場所です。ここではユニークな活動をする人たちの溜まり場として、集まる人同士のネットワークが広がったり、互いに感化し合ったり、コラボレーションが生まれたり、そんなキッカケづくりのための仕掛けをしています。オープンしたのは10月で、2月まではイベントの時しかオープンしていなかったんですが、3月からここの1階をカフェとイベントスペースとして、そして2階はシェアオフィスとしています。

「浅草ジャンクション」は「LwP asakusa」から始めたトークイベントです。1つのテーマに基づいて3〜6組の方々に、ここに集まりそれぞれの活動をプレゼン頂き、プレゼン後は交流を図っています。多くの人に面白いことをやっている人を知ってもらい感化を受け、新しいプロジェクトを始めるキッカケになればと思っています。もう一つ、せっかく浅草という町に住んでいるので、街の中の方ともつながっていこうと考え、街の清掃イベント「グリーンバード浅草という活動を展開したり、アサヒアートスクエアにて出張イベントをしたり、同時多発的にこのエリアで様々なイベントを仕掛けています。

ima_06.jpg
インタビュー終了後には「LwP asakusa」のカフェでおいしいランチも堪能(^^)

Q:”千葉県松戸市”のご出身の今村さんが、どのようにして”浅草”で交流とネットワークを生み出しているのでしょうか?

 当然最初、つながりはなかったのですが、地域の方々と話してみるとこの街には新しい方を受け入れる度量があったんです。頑張っている人達はとても歓迎してくれます。ここでいろんな方々と対話を持ち続けていると、ネットワークを持っている人に会って、更にいろんな方々を紹介してもらえます。そうして紹介頂いた方々にお話を聞いていくと、今度は全く異なる場所で「浅草に面白い人がいるよ」と教えて頂ける。交流とネットワークは、こうして人に聞いて知り合ったり、来て頂いたりという積み重ねで作り上げています。

Q:「LwP asakusa」で交流を生み出すために、どのように場づくりをされていますか?

 特定の場において人が交流していくためには、“そこに誰がいるか?”が大切だと思っています。「あそこに行くとあの人に会える」というようにその人の顔が浮かんでくるようなところ。例えば、スナックのママのように「またママに会いに行こう」と言う様な感覚です。また、人と人をつなげたいと心底思っている人がそこにいるといろいろと工夫して自立的な場ができます。人が集まる空間自体にも、例えばそこに食べ物があるとか飲み物があるとか、リラックスしたり包んでくれるような、家具や小物などそういう場を形成するレイヤーの積み重ねも大切だと思っています。そういう場づくりによって空間に柔らかさも出て、より人を惹き付けていくと思っています。

前のページ_1_2__次のページ

ユルレポボタン。クルーが訪問した住宅、施設、コミュニティのレポート
ユルレポ海外のボタン。海外の住居、コミュニティのレポート
ユルツナ大学のボタン。日本の住居、コミュニティを訪問する見学会の案内
ユルツナ実録のボタン。ユルツナクルーが実際にどうやってゆるいつながりの暮らしを作り上げていくかのレポート
ユルツナ見学会のボタン。日本の住居、コミュニティを訪問する見学会の案内


No1.png

No2.jpg

No3.jpg

No4.jpg